読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ola Kae Tode Tai

すべてのエンジニアに、追い風を祈る。

Raspberry Pi用USB-TTLシリアルコンソールケーブル

今年買ってよかったもの Advent Calender 2014」8日目の記事です。

シリアルコンソールケーブル

Raspberry Piを使うときにあると便利なグッズを紹介します。

f:id:kironono:20160214161231j:plain

Raspberry Pi用USB-TTLシリアルコンソールケーブルです。

Raspberry Piにアクセスするときは、ネットワークに繋がって入ればSSH経由で、HDMIディスプレイをつなげていれば、直接USBキーボードで、という感じだと思います。

でも、サーバー用途としてRaspberry Piを使っているとディスプレイや、マウス、キーボードを繋がずに、電源とイーサネットケーブルのみ繋いで置いておく。という使い方をしている方は多いと思います。

ネットワークの設定変更や、トラブルでリモートアクセスできない場合、わざわざディスプレイ・キーボードを繋いで…というのはいささか面倒です。

そこで、Raspberry Piのシリアルポートにシリアル-USB変換ケーブルを繋いで、コンソールを取る方法があります。

シリアルポート用のピン配置

Raspberry Piには、写真の位置にシリアルポート用のピンが用意されています。

f:id:kironono:20140911233441j:plain

そこにこのようなケーブルを繋ぐことで、コンソールが取れます。

接続には、シリアル接続ができるターミナルエミュレータがあれば十分です。 ケーブルをPCのUSBポートに接続すると、/dev/tty.USB---- という感じのデバイスとして認識されるので、screenコマンドなどを使って接続します。 接続時のボーレートは115200ボーに設定します。

f:id:kironono:20160214161523p:plain

この方法を使えば、リモートアクセスできない場合でも、HDMI対応のディスプレイを用意せずに操作することができます。