読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ola Kae Tode Tai

すべてのエンジニアに、追い風を祈る。

Raspberry Pi 3でAndroid Thingsを始めよう!(準備編)

プログラミング

f:id:kironono:20170212003654p:plain

  • Android Thingsとは
  • 用意するもの
    • Raspberry Pi 3 Model B
    • 電源用マイクロUSBケーブルとアダプター
    • マイクロSDカード(8GB以上)
    • マイクロSDカードリーダー・ライター
    • HDMIが入力に使えるディスプレイとHDMIケーブル
    • イーサネットケーブル
  • Android Things のシステムイメージを書き込む
    • イメージをダウンロード
    • SDカードをフォーマットする
    • SDカードにイメージを書き込む
  • 起動する
  • adbで接続する
  • Wi-Fiに接続する
  • 外部に接続できるかテストする
  • まとめ

Android Thingsとは

Googleの新しいIoTプラットフォームで、AndroidAPIGoogleのサービスを利用することでスマートデバイスを簡単に開発できる…!って代物です。Android Thingsは今のところデベロッパー・プレビューとして公開されていて、対応ハードウェアとしてIntel Edison、NXP Pico、Raspberry Pi 3をサポートしています。

Androidアプリの開発環境がそのまま使えるので、Android StudioAndroid SDKGoogle Playのサービスなど、これまでのAndroidアプリケーション開発で培った知識が役に立ち、Androidアプリケーション開発者でもスマートデバイスの開発を始めやすいと言えそうです。

続きを読む

不要なカーネルイメージを削除して/bootの領域を確保する

テクノロジー

f:id:kironono:20141127022946j:plain

Ubuntuサーバを運用してると /boot の容量が減ってきて、アップデートできなくなったり、ディスクの使用量を監視しているとアラートが上がったりしますよね。

インストール済みの古いカーネルを削除して /boot 領域を空ける方法です。

続きを読む